急騰暴落を繰り返すビットコインについて

ビットコインの雑記です。

 

 今年になってからビットコインを扱い始めたユーザー数は昨年度から倍になっているようです。

  日本ではマウントゴックスの問題があったので、ビットコインの印象はとても悪いものになっているかと思いますが(私はそのとき持っていなかったのでなんとも...)ビットコインの仕組み、技術、将来性には期待できるものがあります。

 

私がビットコインを買い始めた理由 

 

 とある友人がビットコイン知ってる?とラインしてきました。彼は大学時代の友人で

ロボコンとかやってた人です。彼は技術系の人間なのでブロックチェーン技術や、将来性に興味を持ち始め、私にシェアしてきました。自分が面白いと思ったものは友達に教えたいもんです。

 そのときはビットコインが10万円を前後していたころです。彼はそれからビットコインで100万以上荒稼ぎして趣味の物づくりの資金にしていました。

 

 かという私は全くもうけられず....暴落のときには損をし、急騰のときには乗れずで、同じ時期に売買しているのにこんなに差がでてしまいました。

 このとき俺には才能がないと思い一度ビットコインを手放しました。

 

abematimes.com

 

 ビットコインの信用(リスク)について

 通貨というのはもの自体に価値はなく信用の上で成り立っています。各国の通貨は中央銀行が発行し、国が通貨の価値を担保しています。もちろんその国の信用がなければその国の通貨の価値は落ちます。

日本は他国からの信用が高いので、世界的にリスク(経済的リスクや戦争、北朝鮮がミサイル発射するとか)が高くなれば、安全な日本円に変える傾向があり、円の価値が上がり、円高に振れます。

 

 ビットコインにはどこの国にも属さない通貨です。どこの国が発行しているわけでないのです。では信用はどこにあるのか。それはビットコインに価値がある思って集まってきた人が担保しているわけです。なのでビットコインは極めて民主的な通貨と言えます。国に影響を受けず、ビットコインを購入している人が価値があると思えば、ビットコインの価値は上がります。これは金の考え方にとても近いです。

 金もどこかの国が作っているわけではなく、採掘して集めます。金の価値を担保していたわけではありませんが、みんなが欲しいと思うから金の価値が高くなったわけです。金は残りプール1杯分しか採掘できないと言われています。1848年にゴールドラッシュが始まったころはが多く採掘できたかもしれませんが、今は採掘が難しい状態になっています。

 この仕組みがビットコインにもあります。ビットコインは暗号通貨(crypto currency)と言われるように高度な暗号化技術によって守られています。

  

 ビットコインは国に影響を受けない国際通貨です。論理的にはどこでも通貨として使えるようになるはずです。 

 

 増え続ける日本でビットコインが使えるお店

 日本でもビットコイン決済ができるお店が増えています。ビックカメラは全店でビットコイン決済ができるようになっています! 

f:id:panapp-paripari:20170911205605p:plain

 

日本のビットコインが使えるお店(ビットコイン決済対応店舗) | Bitcoin日本語情報サイト

ビットコインの暴落理由

 ビットコイン暴落の理由には中国が大きく関わっています。ビットコインを多く所有している国は中国人なので中国でビットコインが使えなくなると、中国人にとってはビットコインの価値がなくなるので売りに出します。売りが多くなるとビットコインの価値は下がってしまいます。中国は国外に資金が流れることを危惧しています。そのため、中国貨幣を外国の通貨に変えることに規制をかけることで、通貨の流出を抑えています。お金を持っている中国人は中国貨幣を信用していないので、中国の貨幣を外国貨幣に変えることを必死に考えています。それに都合のいいのがビットコインなのです。

ビットコインは送金するのにもP2Pでできますし、送金にかかるお金も数十円なのでとても都合がいいのです。しかし中国政府としては、資金を流出させたくないので、ビットコインに認めないことを発表しています。

zuuonline.com

 

中国人がビットコインを好む理由

 現在発掘されているビットコインの8割を持っているといわれる中国人ですが、なぜ中国人がビットコインを好むのか、それには理由があります。

 中国は1日または1年間にいくらまでの外貨に交換していいかという制限があります。日本にも馴染み深い中国人による爆買いですが、現在は爆買いがしにくい状況になっています。中国政府は1日に1万元(銀聯カードの場合)を外貨にすることができましたが、(1元20円で計算すると20万円)、現在は年間で10万元(1元20円で計算すると200万)しか自由に外貨を引き出せなくなっています。

 こうなると元をビットコインに変えて、外貨と交換するという方法で制限なく外貨に換えるという方法を使うようになりました。

 日本でオリンピックが開かれる2020年に向けて不動産を持っておくと儲かるというようなことがあるので、中国の富裕層はビットコインを使って不動産を買いたいまたは、ビットコインから日本円に変えて不動産を購入しようとしていたりするのです。

日本初、coincheckがビットコインによる不動産取引仲介を支援 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

 

btcnews.jp 

 

日本人がビットコインをどう使ったらいいのか

1. 海外への送金/仕送り

2. 海外のクラウドファンディング

3. 海外から寄付金を集める

 

 ビットコインのメリットはグローバル通貨であるということです。

通貨を変えるためにかかる手数料もほとんどかからないので、海外で物を購入することが余分にお金を取られることなく購入することができます。

海外からの寄付金もビットコインで集めることでより多く集められることが期待できます。少額から送れるので、実は手数料のほうが高いから送るのをやめようなこともなくなります。

 オリンピックも開催されますので、それに向けて海外の方に買い物をしてもらいやすくするためにもお店はビットコイン決済を導入したほうがいいと思っています。

 

 最後に

 ビットコインはまだまだぼラリティーが高く、通貨というよりも金融商品の役割のほうが大きいことが事実で、まだ危険と思われることが多いですが、とても期待が持てる通貨だと思っています。

ビットコインに興味を持ってくれる人が増えたらいいなーと思います。

ビットコインの購入はCoincheckからできます。 もっとビットコインの扱いについて知りたいと思った方はLine@にて趣味で情報を流していますので登録してみてください。@qkx9624p で検索をお願いします!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin